経営者モーニングセミナー

命のバトン

講師
(株)ゆめまき 代表取締役
白山市倫理法人会 副専任幹事

前川 浩透

『命のバトン』

毎朝、仏壇に手を合わせるのが日課なのだが、先祖の写真を見てふと思った。

僕が生まれるまでには、お父さん世代、爺ちゃん世代、と辿って行った時、何人の命のバトンが渡されてきたのだろう?と。

地球が誕生して、海が出来、山が出来、生命は進化を繰り返し、命を繋いできた。

恐竜のように、環境に対応出来ずに絶滅した生物も多くいる中、人間は、猿から進化を繰り返し、原始時代から現代まで命のバトンを進化で繋いできた。
そして現在、その生命の一つのゴールが、この私なのだ。

ある意味、私は進化の最先端にいる。最高傑作なんじゃないか?と思った。
そう、生きているだけで、進化の果ての最高傑作なのだと。

その生命の果てしないスケール感を考えた時に、人の一生のなんと短いことか。
うちの父は46歳の若さで心筋梗塞で亡くなった。そして、私は今45歳である。

人の一生はとても短く、儚い。
だから、私もあなたも、最高傑作は命を輝かさねばならないのだ。
また、心の底から、生きる力が湧いてきた。

暮れ行く2022年。来年2023年へも最高のバトンを渡せますように。

精一杯、心を込めて。

『命のバトン』

毎朝、仏壇に手を合わせるのが日課なのだが、先祖の写真を見てふと思った。

僕が生まれるまでには、お父さん世代、爺ちゃん世代、と辿って行った時、何人の命のバトンが渡されてきたのだろう?と。

地球が誕生して、海が出来、山が出来、生命は進化を繰り返し、命を繋いできた。

恐竜のように、環境に対応出来ずに絶滅した生物も多くいる中、人間は、猿から進化を繰り返し、原始時代から現代まで命のバトンを進化で繋いできた。
そして現在、その生命の一つのゴールが、この私なのだ。

ある意味、私は進化の最先端にいる。最高傑作なんじゃないか?と思った。
そう、生きているだけで、進化の果ての最高傑作なのだと。

その生命の果てしないスケール感を考えた時に、人の一生のなんと短いことか。
うちの父は46歳の若さで心筋梗塞で亡くなった。そして、私は今45歳である。

人の一生はとても短く、儚い。
だから、私もあなたも、最高傑作は命を輝かさねばならないのだ。
また、心の底から、生きる力が湧いてきた。

暮れ行く2022年。来年2023年へも最高のバトンを渡せますように。

精一杯、心を込めて。

会場名
グランドホテル白山
会場住所
白山市西新町152番地7
駐車場
有り