石川県倫理法人会は経営者の自己啓発と企業の繁栄を目指し、活力あふれる職場づくりを通して地域社会に貢献します。

石川県倫理法人会

お電話でのお問い合わせ 076-269-0018 資料請求・お問い合わせ

ご挨拶

石川県倫理法人会会長あいさつ

令和2年度より石川県倫理法人会会長を拝命しました田村 隆(たむら たかし)と申します。
1990年8月24日(平成2年)に石川県倫理法人会は,会員社数100社を達成し正式に設立しました。それから30年。人間で言えばよちよち歩きの試行錯誤とも言える幼年期を経てぐんと成長する青年期を体験し、今成人期の入り口を迎えました。当会は、いわば平成の歩みとともに発展の道を歩んできた歴史とも言えるでしょう。
当会は現在1300社を超える会員社数を有していますが、これは、代々の県会長職の方を始めとする役職者の先輩たちの努力と創意工夫の歴史であり、誇り高く思っております。
今回、その諸先輩から第10代目の県会長職としてバトンを渡されました。
とても身の引き締まる思いでいっぱいです。

私は1992年(平成4年)からこの会で学んでおりますが、数々の出会いと学びの中から得ることが出来た「学び」の中で「気づく」事を見逃さない大切さを知りました。
私達倫理法人会での学びとは?
一言で言えば
「経営者自身が見逃していた小さな問題を気づく」ことではないかと思うのです。
ヒトの体内で病気が発病する以前に本人が気が付かない小さな症状が現れてそれがその後の大きな病に進んでしまうように
経営にも大きな問題が起こるはるか手前で小さな小さな問題が起こっているのです。
それをいち早く気がつくことが出来たら…と思いませんか?
倫理法人会は、経営者として、家庭人として、一個人としても「小さな気付きを見逃さない」人間になるための学びの場ではないのかな思うのです。

今年元号が変わり「令和」になり、当会もお陰様で設立30周年を迎えました
これからも普遍の倫理経営の考え方を軸として、常に法人経営者の「心」のサポート団体としてより発展させていく所存です。
私達には、倫理経営の不変の考え方を基として、次世代の経営者の皆様にもに伝え続けて行かなければならない使命があると思うのです。
そんな思いを込めて今期のテーマを「前進前例」とさせていただきました。
まだ見ぬ前例を、この期に「新しい普通」として学べる環境を用意をし。常に経営者自らが、前進できる良き前例を創り上げたいと思っております。
経営者としてリーダーとなる者の集団として、常に未来を見据えていながらも、「日本創生」のために共に一歩一歩進めていきましょう。
この「前進前例」のために全身全霊をかけ努力していく決意を宣言させていただきご挨拶と代えさせてただきたいと思います。

石川県倫理法人会 会長 田村 隆 第10代石川県倫理法人会会長